« 2009年5月 | トップページ

2009年6月

就職活動と一般常識試験

就職活動においては通らなければならないものの一つが一般常識試験です。 一般常識試験は採用選考の元となるわけですが、社会人としてやっていけるだけの最低限度の知識を持っているかどうかが問われます。

この一般常識は何を基準にしているのでしょうか。 そもそも、生活するうえでは直接関係無いと考える人もいるかもしれません。 知っていても普段はあまり役に立たないかもしれませんが、シチュエーションによってはこんな当たり前のことを知らなかったと恥ずかしい思いをすることもあるので、やはり社会人としてやはり身に付けることは大切です。

就職一般常識は知っていて損はありません。 会社側としては少しでも多くの一般常識を知っている人を採用したいと考えるでしょう。 良い人材を採用したい企業側は入社試験や面接で当然ふるいにかけます。 採用されれば会社を構成する1人となり、ゆくゆくは会社を背負う存在にもなる人を見出す以上は、一般常識を求めるのは普通のことでしょう。

企業が欲しいと考える有益な人物になるためには、一般常識を知っているだけでは不足であることも知っておかなければなりません。 また、就職活動時だけ就職一般常識を勉強すればいいというものでもありません。 普段から社会人として意識しながら勉強していると、自然に一般常識は身についていくものです。それが自分自身を高めることにもつながります。
【PR】適性検査

|

« 2009年5月 | トップページ