心と体

予防医学

現在健康志向が広がることに伴って予防医学の大切さが認識されています。 生活習慣病は、正しい知識があれば防ぐ事は可能です。 そのため、病気を未然に防ぐ予防医学がすすめられてるのです。

命にかかわる病気を予防するだけじゃなく、健康的な生活の妨げとなる症状(花粉症、頭痛、虫歯、など…)を防ぐためにも予防医学があります。 病気になってから治療にお金を使うくらいなら、未然に病気を防ぎ、健康なからだで余暇を楽しむためにお金を使いたいものです。

そのためには、自分の健康や体に適したものを見極める目が必要です。 予防医学とは、病気を未然に防ぐだけではありません。なってしまった病気の進行を遅らせるということも予防医学なのです。

予防医学は、一次予防、二次予防、三次予防に分類されています。 このうち、一次予防、二次予防は、医療機関でするっていうより、普段から個人で意識して取り組むことです。 まずは普段から病気にならないよう自分で努力するということです。

万一病気になっても、健診を受けていれば早期に発見できますね。 これが、重大な病気を予防することにつながるんだと思いませんか?ということで予防医学の勉強をおすすめします。

|

吃音症は治る

吃音症とは、癖といたものではなく、言語障害の一つです。 人との円滑なコミュニケーションが取れないため、社会生活に大きな影響を及ぼします。

自分の名前が言えなかったり、店で注文ができない、挨拶が出来ない、電話もかけられないといった状態になり、本人にはとても辛いものがあるのです。 それに、吃音(どもり)は、周りにはなかなか理解されにくいようです。

そのため、吃音症の人は、これを隠そうとする傾向が強いといわれています。 しかし、この吃音を隠そうとする労力や心的な疲労は計り知れないものがあるのです。

最悪の場合には、うつ病や対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどになってしまう場合もあります。

吃音の治療はあるのでしょうか。 あります。
専門の医療機関もありますが、自分で治す事も可能なのです。 楽しい社会生活を送るためにも、一日も早く吃音 治療法を手に入れて、楽しくコミュニケーションがはかれるようにしましょう。

|

睡眠障害と不眠症

不眠症などの睡眠障害で悩まされている人は少なくないようです。
不眠症だけが睡眠障害ではありません。大きく4つに分類されるようです。

睡眠障害になると、日常の生活にもさまざまな影響が出てしまいます。 睡眠障害の影響は、精神面や身体面、そして行動面に現れてきます。 身体面では、不眠による体力の低下、 精神面では、落ち着きがなくなったり、気持ちが不安になるなどの症状が出ます。 行動的な影響としては、注意力や判断力が低下し、失敗をしやすくなります。

睡眠障害の治療としては睡眠薬が思い浮かびますが、医師の処方箋が必要です。 現在、睡眠障害の治療で使われている薬は、新しく安全な薬です。

|

エステは癒しの空間

エステ受けるなら、やっぱり落ち着いた雰囲気で身も心も癒されたいですね。
データ・マックス
美容機器、化粧品販売を展開する(株)ライブリーが手が けるトータルビューティーサロン『コンセコールディ』 。博多駅筑紫口より徒歩5分の場所に位置し、エレベー ターを降りた先は、まるで森の中に舞い込んだような静 かで癒しの空間。

|

あがり症を克服したい

あがり症なんですよ、実は。でもこれ日本人には多いらしい。
あがり症は損することが多いです。なんせ人付き合いが難しくなるんですよ。
これはサラリーマンにとっては致命的です。

あがり症とは対人恐怖症のことです。
対人恐怖症 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
対人恐怖症(たいじんきょうふしょう)は、恐怖症のひとつであり、患者は社会的接触を恐れ、それを避けようとする症状を示す。日本特有の文化依存症候群とされ、そのままTaijin kyofusho symptoms (TKS) と呼称されている。

個々の症例により、以下とおりさまざまに呼称されるが、それを包括するものである。

    * あがり症
    * 赤面症、赤面恐怖症
    * 多汗症
    * 体臭恐怖症

西洋世界において一般的な、自身に対する攻撃や、社会的な不器用さのため他人によって非難されると言った他律的な恐怖ではなく、他人を傷つけるか、迷惑をかける、怒らせてしまう自分自身に対する自律的な恐怖という症状が見られる。ルース・ベネディクト的な、「罪の文化(guilty culture)」に対する、「恥の文化(shame culture)」の表出とも解される。対人恐怖症はひきこもりを伴うことが多い。
【PR】あがり症

| | トラックバック (0)