就職、転職

就職活動と一般常識試験

就職活動においては通らなければならないものの一つが一般常識試験です。 一般常識試験は採用選考の元となるわけですが、社会人としてやっていけるだけの最低限度の知識を持っているかどうかが問われます。

この一般常識は何を基準にしているのでしょうか。 そもそも、生活するうえでは直接関係無いと考える人もいるかもしれません。 知っていても普段はあまり役に立たないかもしれませんが、シチュエーションによってはこんな当たり前のことを知らなかったと恥ずかしい思いをすることもあるので、やはり社会人としてやはり身に付けることは大切です。

就職一般常識は知っていて損はありません。 会社側としては少しでも多くの一般常識を知っている人を採用したいと考えるでしょう。 良い人材を採用したい企業側は入社試験や面接で当然ふるいにかけます。 採用されれば会社を構成する1人となり、ゆくゆくは会社を背負う存在にもなる人を見出す以上は、一般常識を求めるのは普通のことでしょう。

企業が欲しいと考える有益な人物になるためには、一般常識を知っているだけでは不足であることも知っておかなければなりません。 また、就職活動時だけ就職一般常識を勉強すればいいというものでもありません。 普段から社会人として意識しながら勉強していると、自然に一般常識は身についていくものです。それが自分自身を高めることにもつながります。
【PR】適性検査

|

就職や転職を成功させる為に

就職や転職を成功させる為に必要な事を考えたいと思います。
現在、不況の真っ只中といった感じになっています。 そんな状況下での就職活動をいかに上手く乗り切るかがポイントとなってきます。

まず第一に自分に合った職種選びです。 職種といっても実に様々です。 これまで学んできた事が活かせる職種選びがとても大切です。 職種が決まれば次は会社選びですね。

しかし、それが本当に自分に合っているのかどうかの判断は正しいかどうかはわかりません。 そこで、多くの会社では適性検査というものを実施します。 適性検査とは簡単にいうと、その人が希望する職業に適しているかどうかをテストするものです。

この段階で振り落とされる事も多いようです。 しかし、適性検査で振り落とされたとしてもそれは仕方ありません。向いていなかったということです。自分の適性を知る事ができたわけですから、新たな職種に挑戦すればいいのです。

|

コンビニアルバイトのメリットデメリット

コンビニでアルバイトをするとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。最初はコンビニで働くメリットです。初心者でも安心して働くことができます。コンビニの仕事は完全にマニュアル化されているという点です。

コンビニは私たちの普段の生活にとってとても身近な存在であるため、雰囲気もつかみやすいと思われます。客層も子供からお年寄りまで様々です。色々な人の接客をすることで自分自身の社会勉強になるかもしれません。またシフト制のところが多いので自分の都合に合わせて仕事の日程を組むことができます。

パートぐらいで働きたいという主婦の方にもぴったりの職場といえるでしょう。短時間からの募集をしていることもあります。逆に少し大変なところもあります。たとえば、仕事内容が多岐にわたるので、覚えるまで少し時間がかかるかもしれません。

コンビニの仕事は、商品の陳列、検品、発注や、店の掃除などさまざまな仕事があるのです。店頭でレジだけをやっていれば良いというわけではあります。仕事の量の割りには高時給ではないので、コンビニの仕事が好きという人でなければ続かないこともあるかもしれません。

どちらにしても、テキパキと仕事の出来る人、人と接するのが好きな人。コンビニ業界がどのような仕組みなのか勉強したい人には面白いアルバイトだと思います。自分の好きなコンビニをみつけて、一度アルバイトをするのがいいかもしれません。

職種選び

|

就職活動には転職セミナーを

いくつかの手段が転職のための就職活動にはあります。たとえ直接的な就職活動にならずとも人材会社や転職情報会社が開催する転職セミナーに参加することは、就職活動の準備にはとても効果的です。

セミナーとは、元々は大学や大学院での演習のことを指します。大学ではゼミという略称が一般的です。少人数で対話や議論を通して教員やセミナー講師から何かを学び取るイベントが、転職セミナーという場合のセミナーのことです。

講師との会話や議論などのコミュニケートをしながら何かを学び取ることが、一方的に教員の話を聞く講義とは違う特色でしょう。転職セミナーでは、会社の人事担当者や転職コンサルタントから身近に話を聞くことができます。そのような場所で、今どんなことが転職やキャリアアップには必要なのかを知ることができます。

さらに注意すべき点は何かなど、質問したり話を聞いたりすることで情報を掘り下げていくことが可能です。転職セミナーで自分と同じように就職活動を頑張っている人の話を聞くことで転職へのモチベーションを上げることも期待できます。

転職セミナーで転職コンサルタントのアドバイスを聞いたり、基本的な転職の知識を身につけましょう。転職方針を自分の中で明確にできれば、、確固たる自信をもって就職活動をしていくことが可能なのではないでしょうか。

|